2014-09-25 21:00

【iOS8】電池に負荷をかけてるアプリが簡単に分かる方法!

hint!

このエントリーをはてなブックマークに追加

【iOS8】電池に負荷をかけてるアプリが簡単に分かる方法!

「最近電池の消耗早いな…」

朝起きてスマホを手に取り、電車に乗りながらスマホを手に取り、ご飯を食べながらスマホを手に取り…。日常の中でいつでも使えるiPhone。しかし、あまりに使いすぎると、いくら充電してもすぐに充電がなくなってしまうこと、よくありませんか?

これに関連して今回は、先日アップデートされたiOS8の新機能をご紹介します!どの機能がバッテリーに負担をかけているのか、簡単に確認できちゃいますよ♪

まずは【設定】から!

確認する方法は簡単です♪

  • まずは【設定】のアプリを開きましょう!

  • その次に、【一般】をタップ!

"Spotlight"や"Handoff"など、何だか難しい単語が…。そんなのは気にせず、

  • 【使用状況】を開きましょう!

  • 最後に、【バッテリーの使用状況】を開けば…

以下の画像のように、自分がどれだけアプリを使ったのかが一目瞭然!

今日一日の使用状況だけでなく、5日間の使用状況も分かるんです!

筆者のiPhoneだと、safariやFacebookの使用量が多いですね。電車で暇な時など、無意識にiPhoneを眺める時間が長引くとこうなりますよ!(皆さんも気を付けましょうね…)

大事な連絡がある時などは、使用状況を確認して控えてみるといいかもしれませんね☆

 

あなたのチェック!

iOS8の新機能、いかがでしたか?

「設定>一般>使用状況>バッテリーの使用状況」の順番に進んでいくと、確認することができます。

この機能を使って、電池の減りをコントロールしましょう!

Twitterからのコメント

記事を検索

検索
  • 掲載案内