2014-08-08 10:40

【最新情報】iPhone6は速く、そして硬くなる??

うめたろう

このエントリーをはてなブックマークに追加

【最新情報】iPhone6は速く、そして硬くなる??

iPhone6は想像を超えてきそう...

こんにちは!iPhone6の情報集めが日課になってきたうめたろうです。

以前、hint!でiPhone6に関する噂を2度ご紹介いたしました。

第1回の紹介記事はこちら

第2回の紹介記事はこちら

そして今回は第三弾!!
また新たに噂が出てきたようなので、「最新版iPhone6の噂まとめ」をパワーアップさせてご紹介します!

これまでの噂まとめ

忘れた方もここで復習!前回までの記事でご紹介した噂を簡単におさらいしましょう。

 発表・発売日

9月9日(火)に発表イベントが開かれ、19日(金)が発売日となる事はほぼ間違いないでしょう。

カラー


参照:TechRader

iPhone5Sと同じゴールド、シルバー、グレーの三色展開のようです。

サイズ


参照:MacRumors

iPhone6は4.7インチ5.5インチの2サイズ展開で、同時発売されるかについてはいまだはっきりしていません。

背面が光る


参照:9to5 Mac

流出している新iPhoneのリアケース(中身の入っていない、iPhoneの後ろ側のフタのみ)を見ると、リンゴマークのところに加工が施されそうな様子です。

着信時などにリンゴマークが光るかもしれませんね!

側面のボタンが長くなる



流出した画像によると、側面の音量ボタンが幅広になるようです。

iPhone自体が大きくなる事に対応した設計になりそうです。押しやすくなりますね!

そして新たな情報によると...!?

最新情報によると、どうやらiPhone6は「速く」そして「硬く」なるみたいです。

1.3GHz→2.6GHzに速度が倍増!?

iPhone5sが1.3GHzだったのに対し、A8プロセッサを搭載するiPhone6の処理速度は2.6GHzになるようです。

これによって、アプリケーションの起動などiPhoneの諸操作がとても速く感じるられるようになるかもしれません。
処理性能の向上で、電気消費の効率が良くなり、バッテリー消費量の減少も考えられます!

(コンピュータ内部の各回路間で処理のタイミングを合わせるために発信される信号の数をクロック数と呼び、1秒間に発生する信号数はHz(ヘルツ)という単位で表記される)

ディスプレイがサファイアクリスタル製!

iPhoneの唯一の弱点といえば、誰もが画面が割れる、と言うのではないでしょうか?
私も画面が割れたiPhoneを使い続けた事がありますが、惨めでした笑

iPhone5Sまでの画面には、ゴリラガラスという素材が使われていました。
ゴリラガラスは非常に強い人口ガラスとして多くのスマートフォンに使われていますが、iPhone6では新たにサファイアガラスが使われるのではないかという噂が出ています。

これまで背面カメラのカバーガラスにのみ採用されていたサファイアガラスですが、サファイアガラスの元となるサファイアの硬度は世の中で一番硬いダイヤモンドの次に硬いようです。

これが採用されれば、傷もつかず落としても割れない画面になることは間違い有りません!

いかがでしたか?

iPhone6最新情報は、情報が入り次第お伝えしていきます。

お楽しみに!!

Twitterからのコメント

記事を検索

検索
  • 掲載案内